東京都人工芝の施工、販売は人工芝専門 芝幸にお任せください! 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県出張します。

03-6821-1814

【受付時間】9:00〜20:00 平日・土日・休日受付

ブログ

【大きめ砂利+細かい砂】芝幸の人工芝、固い下地はどうやって作るの!?

人工芝施工の専門店「芝幸」のお客様から、こんな質問をいただきました

「芝幸の人工芝を敷くとき、固い下地はどのようにして作るのですか?」

安定した固い下地ができてこそ、長年の使用に耐える人工芝を敷けるんです。

この記事では、芝幸の人工芝施工で、固い下地ができるまでの工程を紹介いたします。

 

芝生、雑草を、ていねいに撤去します

まずは芝幸のプロ施工人が、お客様のお庭の

  • 雑草
  • ゴミ

をていねいに撤去します!

 

お庭には目に見える雑草のほか、土中深く、たくさんの根っこが潜り込んでいます。

下地となる地面に、雑草の草や根が残っていると、下地に凸凹ができてしまいます。

下地づくりのスタートとして、目に見える雑草をていねいに撤去し、この後の作業がスムーズに進むようにしていきます。

 

枯れ木、割れ物のカケラなど、土中のゴミも一緒に、ていねいに取り除いていきます。

細かなゴミを根気よく取り除く作業は、施工のプロでないと、なかなか上手くはかどりません。

この撤去作業は、私ども芝幸にお任せいただきたい作業のひとつであります。

 

天然芝が植っているお庭も、根からていねいに撤去します

お庭に以前、天然芝を植えてみたお宅も、多いかと思います。

根がつよく張る天然芝の撤去は、なかなか骨が折れる作業です。

芝幸の施工スタッフは、雑草やゴミの撤去はもちろん、天然芝の撤去作業も得意としています。

 

大きめの砂利を追加し、しめ固めます

雑草やゴミを取り除いたキレイな地面ができたら、いよいよ次の段階に入ります。

まずは大きめの砂利(じゃり)を敷き詰め、しめ固めていきます。

砂利の敷き詰めですが、目で見て必要と思うよりも、ずっと多くの砂利を必要とします。

 

砂利はたいへん重量があるため、

  • 運んだり
  • 平らにならしたり

するのに、とてつもない重労働が必要となります。

雑草やゴミの撤去と同じように、プロによる施工がモノを言う作業となります。

 

砂利の目が粗い(あらい)ほど、しっかり固める上で効果的があります

  • 大きな砂利のみ
  • 細かい砂のみ

どちらか一方だけでは、下地はしっかりと固まってくれません。

  • 大きめの砂利
  • 細かい砂
  • その中間

いろいろな大きさの砂利(じゃり)〜砂が混じってこそ、固く安定した下地が作れるようになります。

次の工程では、目の細かい砂を追加していきます。

 

目の細かい砂を追加します

目の粗い砂利(じゃり)を敷いたあと、今度は目の細かい「砂」を追加していきます。

  • 大きめの砂利と砂利のすき間に
  • 細かい砂が入り込んでいく

細かい砂がしっかりと「すき間」を埋めてくれるので、固い下地が作れます。

 

大きめの砂利が、下地全体を支えてくれるから、安定感もあるんですよ。

砂利、砂を均等に敷いたあとは、全体を平らにします。

 

専用の圧接機でくり返し転圧を加えます

砂利や砂を敷いていくときに、専用の圧接機を使って、くり返し転圧を加えていきます。

そのことによって、固く安定した下地をつくることができます。

上に敷く人工芝も、下地とフィットし、真っ平らになるんですよ。

 

下地完成!ようやくこの上に「人工芝」を乗せます

  1. 除草
  2. 目の粗い砂利
  3. 目の細かい砂

転圧機でのていねいな圧接により、ようやく人工芝の下地が完成します!

 

この手間ひまかけた作業の後、人工芝を敷いていきます。

上に敷く人工芝にも、カットやつなぎ方など、芝幸のプロの施工方法があります。

そちらについては、また別の機会にまとめさせていただきます。

 

まとめ

人工芝専門店「芝幸」の、ていねいな下地の作り方を紹介しました。

上に乗せる人工芝だけでなく、目に見えない「下地」に、我が社の知恵と技術の総力を注いています。

DIYによる施工はもちろん、他社との違いは、ていねいな下地の違いと言ってもよいでしょう。

人工芝の施工に興味を持ってくださった方はぜひ、下のボタンからメール、電話、SNS等で問い合わせてくださいね!