芝幸に人工芝を頼みたいけど、どのタイプにしたらいいのか、迷っている人はいませんか?

お客様のニーズに合わせて、いろいろな人工芝をご用意してあります。

 

この記事では、芝幸の人工芝いろいろ

  • 一番人気の「Sターフ30」(グリーン・芝葉30mm)
  • 暑くなりにくい「Sターフcool」(グリーン・芝葉40mm)
  • カラー人工芝「ブラウン」(茶)「グレー」(灰)(芝葉30mm)

を紹介します!

 

「芝幸」一番人気「Sターフ30」(グリーン・芝葉30mm)

Sターフの「ターフ」(turf)とは、文字通り「芝」(しば)の意味です。

「Sターフ30」はグリーン、芝葉の長さが30mm(3cm)、芝幸での「標準仕様」にあたります。

品質と価格のバランスがコスパ良く、「芝幸」一番人気の商品なんですよ!

人気の人工芝「Sターフ30」、特徴をまとめます。

 

やわらかな肌触り、思わず寝転びたくなる触感

やわらかな肌触りが、足元にうれしい「Sターフ30」。

小さなお子さんがゴロゴロ寝転んでも、人工芝特有の「チクチク」がありません。

 

衝撃に耐え、芝葉が裂けにくい形状

お庭、ベランダ、駐車場など、屋外は風雨にさらされ、過酷な環境です。

人工芝「Sターフ」は、長年に渡ってお客さまの声を拾いつづけ、施工実績をもとに開発されてきた、自慢の主力商品です。

 

「Sターフ」は、このような方々に向いています。

  • 庭:草取りのメンテナンスからラクラク開放され、お花や木々だけを楽しみたい
  • ベランダ:部屋の窓から毎日眺めても、飽きの来ないすっきりデザインにしたい
  • パターゴルフに使いたいわけではない(パターゴルフ専用の芝がございます)

 

温度上昇を抑える「Sターフcool」(グリーン・芝葉40mm)

人工芝は天然芝と比べて、真夏の暑い時期にはどうしても「太陽の熱」をため込んでしまいます。

人工芝の熱が気になる方には、「Sターフcool」をおすすめしています。

 

ワンランクアップ「Sターフcool」が向いているのはこんな人

「Sターフcool」は標準仕様のSターフと比べ、こんな特徴があります。

  • 芝葉の長さが40mmと長め(Sターフは30mm)
  • 標準仕様のSターフと比べて「体感マイナス10度」

お値段の方も、温度上昇を抑える効果の分だけ、高めに設定となっております。

 

具体的にはこんなお客さま方に好評です。

  • 真夏の人工芝でスポーツをする方
  • 小型のペットと過ごす方
  • お子さんがごく小さいご家族

 

「ブラウン」「グレー」カラーバリエーション商品も人気です(芝葉30mm)

せっかく人工芝を取り入れるなら、見た目もオシャレにしたい!

そんな方にオススメなのが、ブラウン・グレーの「カラー人工芝」です。

カラー人工芝の特徴・選び方を、お伝えします。

 

カラーおすすめ1:ブラウン(茶)の人工芝

ブラウン(茶)の人工芝は、グリーンとのコントラストが綺麗な色。

優しいイメージをお探しの方に、ピッタリです。

濃淡2色で表現しているため、ブラウン(茶)の深い色合いを楽しめます。

 

使い方はいろいろで

  • 広い場所ならグリーンとの2色使い
  • コンパクトエリアならブラウン1色でもオシャレに

シンボルツリーやレンガに合わせて、居心地の良い、オシャレな空間をつくれます。

 

カラーおすすめ2:グレーの人工芝

グリーンやブラウン(茶)にピンと来ない場合には、グレー(灰)の人工芝がオススメです。

ブラウン(茶)は暖かみがありますが、グレー(灰)にはクールなイメージがあります。

  • 外壁、植栽などが「和風」のお宅(和モダン)
  • 黒×白、モノトーンを基調としたお宅

 

こんな住宅にお住まいの方には、グレーの人工芝がマッチすることが多いんですよ。

グレー(灰)の人工芝も、濃淡2色が植え込んであり、自然な色合いを楽しめます。

 

まとめ

芝幸での人工芝、グリーンの芝葉30mmを中心に、ご紹介しました。

  • 一番人気は「Sターフ」(グリーン・芝葉30mm)
  • 夏でも涼しい「Sターフcool」(グリーン・芝葉40mm)
  • カラーバリエーションで、ブラウン(茶色)・グレー(灰色)(芝葉30mm)

価格、仕様の詳細は、芝幸の公式ホームページ「商品・価格」を見て下さいね。

 

そして一番商品がわかるのは、無料サンプルで実際に、人工芝を触ってみること。

メール、電話、各種SNSから、「無料サンプル希望」と、お気軽に申し込んでくださいね!