関東で人工芝の施工、販売は人工芝専門 芝幸にお任せください! 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県出張します。

03-6821-1814

【受付時間】9:00〜20:00 平日・土日・休日受付

ブログ

【人工芝・季節】「夏」施工の意外なデメリット3つ【東京・芝幸】 

こんにちは。東京とその近郊で人工芝の施工をしております、芝幸です。

人工芝の施工、お客様からのご要望の多い季節は「夏」なんです。

しかし意外なことに、「夏」施工には、専門業者から見ると、意外にデメリットが多いんです。

お客様に損をさせてしまうのは申し訳ないので、人工芝の夏施工、専門業者から見たデメリット3つを、この記事で紹介いたします。

 

【夏のデメリット1】雑草が多くて手間取ってしまう

人工芝を敷く前に、地面をキレイに整えなければいけません。

下地作りのため、以下の作業を行います。

 

・雑草を抜く、ゴミ拾い

・地面をのして平らにする

・防草シートを敷く

 

この中でも「雑草を抜く」に、とても手間がかかっています。

 

春〜秋、雑草の生え方

季節によって、雑草の生え方は異なり、夏が最も除草に労力がかかります。

ススキなど、1株抜くのにも、大きなスコップで深く掘る作業が必要です。

 

春:スギナ カタバミなど

背丈低い、根も浅い

わりとすぐに抜けます

 

夏:ススキ スズメノカタビラなど

夏草高く茂る、根が深い

手で引っ張ってもシブトク抜けません

 

秋:エノコログサ チカラシバなど

背は高いが、種類も少なくなってくる

・・・一年のうちで、「冬」の除草が、最も労力が少なくて済みます。

 

【夏のデメリット2】暑くて作業スピードが遅くなる

人工芝、作業員も体感のある普通の人間です(笑)暑ければ作業効率は落ちてきます。

涼しい季節は体をいくら動かしても快適なので、作業スピードも速いです。

作業スピードの速い季節から順に、1〜3位までのランキングをご紹介します。

 

最も作業スピードの速い人工芝の季節は?

1位:春、秋(10〜20度)

薄手の長袖で、快適に作業できる季節です。

屋外で体を動かしてると、気持ちよく汗ばんできます。

雑草もそれほど頑固でないので、人工芝施工の混雑するシーズンでもあります。

 

2位:冬(0〜10度)

寒いですが日中は晴天のことも多く、体を動かしているうちに、温まって来ます。

「冬」は、芝幸スタッフ・おすすめNo.1の施工シーズンです。

寒すぎて、お客様にはピンと来ないようで、注文は少なめです。

空いているので、スケジュールも組みやすいメリットがありますよ。

 

3位:夏(20〜30度)

連日の天気予報で「熱中症にご注意ください」と言われる、夏。

真夏の炎天下での作業は、こまめに休憩を取る必要もあり、作業効率が落ちる季節でもあります。

反面、お客様からの注文は多いため、割高なのがデメリットです。

秋〜冬までお待ちいただいた方が、おトク感があります。

 

【夏のデメリット3】夏は人工芝の繁忙期!料金が高めです

デメリット1,2でご紹介した通り

  • 雑草
  • 暑い

これら作業条件としては良くないにもかからわず、ありがたいことに、お客様からのご注文の方は、多い季節となっています。

したがって、人工芝は「夏」は繁忙期

料金が高めとなっています。

 

スケジュールも冬の方が組みやすい

記事の後半となり、そろそろ「夏」施工のデメリットも伝わってきたと思いますが、

オーダーが多いのもあり、「冬」の方が、施工スケジュールも組みやすいです。

 

人員、機材の関係で、夏よりも冬の方が、スケジュールが組みやすいというメリットがあります。

別記事でも「人工芝・冬施工はオススメだらけ」紹介しておりますので、よかったらこちらもご覧になってください。

 

【まとめ】

つい夏に依頼しがちな人工芝ですが、

  • 雑草が多い
  • 作業スピードが遅い
  • 繁忙期で料金が高め

「夏」施工には意外とデメリットがある、という人工芝専門店からの記事でした。

お急ぎのお客様も多いかと思いますが、庭にあまり目の行かない「冬」施工の方がおトクですので、ぜひ一度、ご検討してみてください。